◇教室のご案内◇

~はじめに~

「書」という新しいお稽古事を始めるときに、「先生は厳しくないか?」「自分のレベルでついてゆけるだろうか?」「先輩たちの輪のなかに入っていけるか不安。」「展覧会はお金がいくら位かかるのだろう?」「無理やり高い道具を買わされないだろうか?」こんふうな思いがある方もいらっしゃると思います。

孝友書道会は、何よりも「皆さまが安心・安全に末永く通っていただける教室づくり」を心から目指しています。

道具はご予算をお聞きした上で無理のない範囲でご購入いただきますし、展覧会等への出品の強制は一切いたしません。

先に入会された方には、あとから入ってこられた方に対し、優しく丁寧にお教室内のことを教えていただくようにしています。また、字に自信がない方はもとより、極端な癖字の方などにも懇切丁寧に指導致します。

「書」というお稽古は、老若男女が生涯に渡って続けることのできる、伝統的かつ極めて魅力的なお稽古事だと思っております。

~孝友書道会の3つの柱~

*「書道の歴史や文字の成り立ち」などの『知識』を身につける。

*「筆はどのように動くのか」といった『理論』を学ぶ。

*「実際に書くこと」で『技術』の向上を目指す。

この3つの柱とあわせて、下記のような点にも力を入れています。

「手本はその場で書き上げる。」

 

事前に用意されたお手本をただ真似て書かせるのではなく、生徒の個性やその日のお稽古時の進歩状況を見抜き、毎回その場で一人ひとりに合わせたお手本を書き上げます。

実際に作品を創り出すスピードや筆の運び、ペンが紙に触れる音の変化、作品制作における空気などを直に感じてください。

「日本古来の芸道を、現代的な方法も取り入れながら広める。」

書やペン習字、写経という古くから続く日本古来のお稽古事は、素晴らしき歴代の書家や師、

諸先輩方から脈々と伝えられてきたとても貴重なものです。当会ではそこに現代的な方法も取り入れながら(動画やIT等)時代に合わせた指導法を常に考えてまいります。

「季節や自然の言葉、明るい言葉を書く。」

むかしから、書道のお手本というと「未来」「希望」などが多かったのではないでしょうか。

当会でも「季節に合わせた言葉」や「前向きで気持ちが明るくなる言葉」を手本にしています。お子様の場合は読解力や感性が身に付きますし、多忙な大人の方は心が癒されます。

「書作品の鑑賞の仕方を学ぶ。」

基本的な作品の見方や、優れた作品とはどのような作品かがわかると、

さまざまな展覧会に行くことが面白くなり視野が広がります。

「本物を観る、そして触れる。」

実際に展覧会に出品した作品そのものを教室に持って行くことがあります。

各時代の書作品の変化、紙の質感や墨色、どのように表装されるのか等詳しく解説します。

こどもの書道~小学生から中学生まで~

​​(令和2年8月より再開)

 

 

お稽古日時…第2,4水曜日 17:00から19:00まで

お稽古場所…東京都日野市多摩平1-2-26

シンデレラビル3F 公益財団法人 社会教育協会内

「ゆうりか」(JR豊田駅より徒歩1分)

対象…小学校1年生から中学校3年生まで 

特徴…「こども」に特化した「少人数制・マンツーマン方式」のお稽古です。生徒の目標に合わせた懇切丁寧な指導を行います。

​​

月謝…小学生 4,000円 中学生 4,000円

(きょうだい割引あり。)

 

​入会時のみ 入会金 別途 3,000円

(ごきょうだい2名以上の同時入会であれば、入会金はお一人分のみです。)

毛筆と硬筆を両方学びながら、(毛筆のみ・硬筆のみでも可能です。月謝は変わりません。)小学生は卒業までに「正しく丁寧な文字」がしっかり書けるようになること、中学生は基本の書写力を更に高め、「正しく美しい文字」を書くことが目標です。初学者は道具の扱い方から学び、楽しみながら字を書いてゆきます。少し慣れてきたら文部科学省準拠の全国誌で課題を練習します。

希望者には段級の認定や学校の書き初め等の指導も行います。大規模な展覧会へ出品することも可能です

当会ではこどもの硬筆に力を入れており、生徒の将来を見据えながら文部科学省後援の「硬筆書写技能検定」に基づく指導も取り入れております。「硬筆検定」についてはこちらをご覧ください。(検定を受ける・受けないは自由です。)

 

 

一般書道~高校生から大人の方~

お稽古場所…東京都日野市多摩平1-2-26 

シンデレラビル3F 公益財団法人 社会教育協会内

「ゆうりか」(JR豊田駅より徒歩1分)

第1,3火曜日(隔週)13時~15時

*火曜日コースは8月より再開予定

 

第2,4水曜日(隔週)19時~21時

*水曜日コースは通常通りお稽古再開しております。

月謝…実用書道部 5,000円

   硬筆専門部 5,000円

   一般書道部 6,000円

   書道研究部 7,000円から10,000円

 

*月2回のお稽古ですが、必要に応じて郵送添削(通信)での指導も行います。

*どのコースにしようかお迷いの方、2つ以上のコースを同時に学びたい方は相談ください。月謝、学習方法など臨機応変に対応します。

入会金別途5,000円(初回入会時のみ)

書道を初めて学ばれる方から既に経験のある方まで、一人ひとりの目標や目的に合わせてマンツーマン方式で責任を持って丁寧に指導しています。

筆の持ち方や墨のすり方、縦画や横画の書き方など「基礎」を大切にすることはもちろん、

基礎が充分身に着いた後も、中級への応用~上級での創作までしっかりと指導いたします。

「一般書道部」…半紙や半切(条幅)で課題の練習や古典の臨書等を行う基本のコースです。

        まったくの初学者から競書での段級取得をしたい方など幅広く対応します。

「実用書道部」…主に小筆を使用した、実用書道(筆耕)を学ぶコースです。

        封筒等の宛名書きから専門知識を要する賞状の割り付けなどを学びます。

「書道研究部」…当会の一般書道部である程度学ばれた方で、中央展への出品や書道教室開

        などの指導者を希望される方の上級者向けのコースです。

「硬筆専門部」…ボールペンやつけペン等を利用した硬筆(ペン習字)専門のコースです。

        文部科学省後援の硬筆書写技能検定の指導にも力を入れています。

​        「硬筆検定」についてはこちらをご覧ください。(受験は自由です。)

書の「知識」「理論」「技術」を同時に学ぶことで、総合的な力の向上を目指します。

Wix.comで作成したホームページです。 

Copyright © 2015 孝友書道会 All Rights Reserved.

ソーシャルメディア:

  • w-facebook
  • Twitter Clean